その紫外線対策大丈夫?汗に強いタイプは使ってもいい?

その紫外線対策大丈夫?汗に強いタイプは使ってもいい?

肌に負担をかけない紫外線対策をする

紫外線が強いイメージがあるのは7月や8月です。もちろんこの時期にも強くなりますがもっと強い時期があります。それが春です。3月ぐらいから徐々に強くなり始め、4月や5月は1年で最も強いとされています。暑さがないのであまり感じにくく、対策をしていない人もいるかもしれません。当然直接肌に当たれば肌の老化につながります。対策としては紫外線対策ができるクリームなどの利用です。化粧品売り場などに行けば買えますが、ただ購入すると後で逆に肌を傷める可能性があります。紫外線対策の化粧品は肌に負担をかけるものが多くなっています。落としにくいものだと落とすときに力を入れるので肌に負担がかかるときがあります。紫外線対策では成分ばかりに気を取られないようにしましょう。

紫外線対策のクリームが汗で落ちやすい

暑くなり出すと汗をかくようになります。せっかくばっちりメイクを決めても汗で落ちては何にもなりません。毎年のように新しい化粧品が発売されて、その中には汗をかいても落ちないタイプがあります。確かに真夏に汗をかいてもメイクが維持されています。しかし汗に強いタイプは肌への影響が強くなります。また、汗で落ちないなら水でも落ちにくく、落とすときに苦労します。紫外線対策成分の入っている化粧品も同様で、汗に強いものを使いたくなりますがその分落としにくいです。美容を考えると汗に強いものを選ぶのは良くないかもしれません。汗で流れればその都度つけ直すぐらいの方が肌に優しい対策ができます。落としにくいより、何度も塗る方が肌の健康を保てます。

品川美容外科の判例について調べる